STAFF BLOG

スタッフブログ

ABOUT ME

代表 設計・大工 酒井和幸

代表 設計・大工
酒井 和幸

二級建築士
第二種電気工事士
既存住宅状況調査技術者
二級施工管理技士
静岡県耐震診断補強相談士

<趣味>
ボーリング・読書

大工・現場監督として
現場での出来事を綴ります。

設計・インテリアコーディネーター 酒井朋美

設計・インテリアコーディネーター
酒井 朋美

二級建築士
インテリアコーディネーター
キッチンスペシャリスト
福祉住環境コーディネーター
静岡県耐震診断補強相談士
住宅収納スペシャリスト

<趣味>
北欧雑貨集め、ケーキ・パン作り

2021.05.06

酒井和幸

長泉町新築工事~階段その1

本日も長泉町の新築工事の進捗状況です。

G.Wが終わり、みなさんはゆっくり休めたでしょうか?

コロナ過の今、出かけるにしてもこんな状況じゃ迷いますね。

私は相変わらず仕事してました。

気づいたら、昨年の9月から休んでないなー笑

まあ、経営の神様である「本田宗一郎、松下幸之助、稲盛和夫」さんなどは、本当に休みなく働いていたみたいだから、それに比べればなんてことないですね笑

ちなみに、この人たちは尊敬する心の師匠です。

さて、新築ではG.Wのみなさんの休みの間にサクサク仕事を進めていきます。

先ずは、ヒートブリッジ(熱橋)となる部分があるところの断熱保護の状況です。

中央の金物のプレートは、ベランダの持ち出しのボルトとプレートです。

ここがヒートブリッジになるので保護します。

写してる場所が少し違いますが、下地を造らないと保護できないのでご勘弁を。

それと、床下のべた基礎の切れた、水道のさや管部分は土から近く、シロアリの被害の恐れがあるため、防蟻用の発砲材を充填しました。

普通の発砲ウレタンでは、シロアリ食べていきます。

用心には用心を!

これらが終わると階段の準備に取り掛かります。

材料は1枚の板で搬入されました。

木目が綺麗な杉板です。

この1枚から加工して1階から2階に上がる階段を造ります。

昨今では、ユニット階段で大工はただ取り付けるだけの仕事で終わりますが、ヒュッゲホームズでは手作りでいきます。

廻り部分
踊り場

しっかりと滑り止めのスリットも入れます。

クッション養生
ベニヤ養生

2重で保護していきます。

階段がようやくできたので、上り下りが楽になりました。

それに階高(1階から2階まで)を低く設定しているので、階段の1段1段が185ミリと、一般的な階段より低くなっており、毎日の上り下りも楽にできると思います。

それから2階に上がり、スキップフロアからロフトに上がる階段加工です。

墨出ししてからの溝加工です。

これからノミで正確に加工します。

スキップフロアの階段はもう少しお待ちください。

ページトップ

SHARE