STAFF BLOG

スタッフブログ

ABOUT ME

代表 設計・大工 酒井和幸

代表 設計・大工
酒井 和幸

二級建築士
第二種電気工事士
既存住宅状況調査技術者
二級施工管理技士
静岡県耐震診断補強相談士

<趣味>
ボーリング・読書

大工・現場監督として
現場での出来事を綴ります。

設計・インテリアコーディネーター 酒井朋美

設計・インテリアコーディネーター
酒井 朋美

二級建築士
インテリアコーディネーター
キッチンスペシャリスト
福祉住環境コーディネーター
静岡県耐震診断補強相談士
住宅収納スペシャリスト

<趣味>
北欧雑貨集め、ケーキ・パン作り

2021.09.10

酒井和幸

富士市耐震リフォーム工事⑤

今週から本格的にLDKと浴室のリフォームを始める、富士市の耐震リフォーム工事の進捗状況です。

既存のタイル張りの浴室を解体し、今度はシステムバスに変更するので、システムバスを支える足の部分にコンクリートが必要になってきます。

そして土間コンクリートを打つ前に土壌処理し、シロアリの予防をしました。

しっかりと土壌処理をした後、今まで2.48㎡だった浴室を3.3㎡に広げ、尚且つ耐震工事に絡んでくることもあり、正面の土台の下に新規に土台を造ります。

先ずは基礎立ち上がり部分を支えるベースを、鉄筋を入れて造ります。

配筋ピッチ、鉄筋径も現行の基準に合わせて行っていきます。

ベースの打設

綺麗に仕上げてくれています。

そして立ち上がり。

一般の人にはわかりづらいですが、かなりの技術です。

新規に造るのとは違い、既存の土台があり、尚且つ既存の基礎との緊結をさせなければならず、地震の揺れで追加した基礎が離れてしまっては意味がありません。

それをサラッとやってしまうところが私の仲間の左官屋さんです(^^)/

今度は土間コンクリートを打つのですが、その前に木工事の仕事、新規の耐力壁を造ります。

新規筋違い
構造用合板

筋違いをたすき掛けにした後、構造用合板でガッチリ!

釘も外周75ミリピッチと細かく、地震時でも踏ん張ってお客様の命を守ってくれると思います。

そして土間コンクリートを打つ前に、防湿フィルムを敷いて湿気が上がってこないようにし、サイコロ(コンクリートのかぶり厚を確保するため)を置いてワイヤーメッシュ。

本日土間コンクリートを打ちました。

が、

コンクリートを打った後の写真を撮り忘れた~~~汗

明日撮ってまた載せます~~~(T_T)

ページトップ

SHARE