STAFF BLOG

スタッフブログ

ABOUT ME

代表 設計・大工 酒井和幸

代表 設計・大工
酒井 和幸

二級建築士
第二種電気工事士
既存住宅状況調査技術者
二級施工管理技士
静岡県耐震診断補強相談士

<趣味>
ボーリング・読書

大工・現場監督として
現場での出来事を綴ります。

設計・インテリアコーディネーター 酒井朋美

設計・インテリアコーディネーター
酒井 朋美

二級建築士
インテリアコーディネーター
キッチンスペシャリスト
福祉住環境コーディネーター
静岡県耐震診断補強相談士
住宅収納スペシャリスト

<趣味>
北欧雑貨集め、ケーキ・パン作り

2021.10.15

酒井和幸

富士市耐震リフォーム工事~キッチン

本日は、富士市の耐震リフォーム工事のキッチンの施工です。

先ずはキッチンを施工する前に、クロスの下地となるパテ処理をしました。

パテ処理とは、プラスターボードのジョイントやビスの穴埋めをし、クロスを張る表面を平らにする処理です。

クロスは私が施工するので(大工やったり電気屋になったりクロス屋になったり大忙し笑)今のうちにパテ処理をしておけば、養生などの手間がすごく省けます。

パテ処理をした後、ペーパーで表面を擦るので埃だらけになります。

そのうちに、特注で頼んだカウンターが納品されたので加工して取り付け開始。

窓カウンターやサッシ枠、キッチン3方枠などは「パイン無垢集成材」。

マツ科の針葉樹。

キッチンカウンターは「ゴム集成ウレタン塗装」。

クワ科フィカス属の広葉樹。

杉や桧も針葉樹で、材質は柔らかく、加工がとてもしやすいのが特徴。

一方、広葉樹は硬く加工はしにくいが、傷に強いのが特徴です。

準備を整え、キッチン施工日です。

今回は吊戸棚も付けるため、資材が多いです。

普段は私が施工するのですが、今回は訳あって施工の職人に依頼しました。

一般的な家庭用のキッチンであれば、1日で設置できます。

今日はキッチンの施工で私の大工スペースがあまりないため、先日別の耐震リフォーム工事の依頼があったお客様のところへ、現場調査にいってきました。

依頼があると、基本妻と二人で訪問し、私が小屋裏へ潜ったりしている間に妻がお客様へ説明という、効率よく現場調査を行っていきます。

妻がクラックなどの異常がないか調べているところです。

2時間ほどで戻ってくると、キッチンはかなり組みあがっていました。

もう少し。

そして17時には完成しました。

before
after

色合いがとても素敵ですね。

小学生のお孫さんはこれを見て「かわいい」と言っていました。

かわいい・・・?

と、施主の奥様と「これってかわいいって言うの!?」と笑ってしまいました。

後は電気、ガス、水道と接続すればキッチンは使えます。

工事はまだ続きますが、とりあえずは1ヶ月以上我慢してくれたF様に感謝です。

ページトップ

SHARE